【渋谷区の恐喝事件】盗撮狩りで逮捕 刑事事件に強い弁護士

2018-08-05

【事件】
路上で盗撮をした男性から示談金名目で現金100万円を脅し取ろうとした男性を,警視庁渋谷警察署は,恐喝未遂容疑現行犯逮捕しました。
逮捕された男性は,女性の下半身を盗撮した男性会社員男性に対して「盗撮していたでしょ,あなたの免許証をネットにあげることもできる」などと脅し,示談金として現金100万円を脅し取ろうとした容疑です。(実際のニュースを参考としたフィクションです)

【盗撮について】

東京都の迷惑防止条例では,公共の場所などで女性のスカート内などを盗撮することを禁止しており,これに違反した場合は「50万円以下の罰金又は6ヶ月以下の懲役」の罰則が設けられています。

【盗撮狩り(盗撮ハンター)について】

最近,盗撮狩り(盗撮ハンター)という言葉がニュースやSNS等で見受けられるようになってきました。
これは,盗撮行為をしている人を見つけては声をかけ,「示談金を支払うか,警察に通報するか」と迫り,盗撮をした人の弱みに付け込みお金を脅し取るという恐喝行為のことを言います。
盗撮をしたという負い目があることから,お金を騙し取られた人はなかなか警察に被害申告しづらいところですが,このような恐喝行為が流行の兆しを見せていることから警視庁などでは,その取締りを強化しているようです。
警察官は,公共場所において盗撮犯に関する秘匿取締りをしているほか,このような恐喝行為に関する警戒も行っているので,事例のような現行犯逮捕事例が出てくるものと思われます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,あらゆる刑事事件に精通した弁護士事務所です。
盗撮をしてしまった人,盗撮犯に対し恐喝行為をしてしまった人など,どの様な刑事事件にも対応しますので,刑事事件にお困りの方は是非「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」にご相談ください。
東京都渋谷区の盗撮事件,盗撮狩りの恐喝事件等,刑事事件でお困りの方は0120-631-881(24時間受付中)にお電話ください。
初回法律相談:無料
警視庁渋谷警察署までの初回接見費用:35,000円

ページの上部へ戻る