【墨田区の賭博事件】闇カジノで逮捕 刑事事件に強いと評判の弁護士

2018-08-11

~事件~

Aさんは,東京都墨田区錦糸町の闇カジノの店でお金を賭けて遊戯していたところ,警視庁本所警察署の警察官が店に捜索に入り,賭博罪現行犯逮捕されてしまいました。(フィクションです)

【闇カジノ(賭博)について】

IR設置法案の成立など,日本での公営のカジノの設置が現実味を帯びてきましたが,現時点において,日本でカジノを営業することは禁止されています。
違法な闇カジノ(賭博場)を運営した場合は,「賭博開帳図利」罪として,3か月以上5年以下の懲役に処せられるおそれがあります。
またAさんの様に、闇カジノに客として出入りし,賭博行為を行うことも禁止されています。
その場合は50万円以下の罰金(常習の場合は3年以下の懲役)に処せられることがあり,Aさんのように店の営業者と共に現行犯逮捕されてしまう可能性もあります。

【闇カジノ(賭博行為)で逮捕されてしまったら】

警察の闇カジノの摘発は,そのほとんどが営業中の店に捜索に入り,賭博行為が行われているのを確認したうえで、客を含めた関係者を現行犯逮捕します。
Aさんのように偶然闇カジノの客として出入りしていたときに、警察の捜索を受け,賭博の事実で逮捕されてしまったときは,早期に弁護士に依頼をして,賭博の常習性が無く長期の勾留が必要のないことを疎明して,それらを検察官や裁判官に訴えかけることによって身体拘束期間が短縮される可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件専門の弁護士であり,賭博罪を含めたあらゆる刑事事件に精通しています。

東京都墨田区の闇カジノの賭博事件で逮捕され,またはご家族が逮捕されてお困りの方はぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(警視庁本所警察署 初回接見費用:37,300円)

ページの上部へ戻る