東京都足立区で児童買春禁止法違反で逮捕 不起訴と身柄解放には弁護士を

2017-09-02

東京都足立区で児童買春禁止法違反で逮捕 不起訴と身柄解放には弁護士を

~ケース~
東京都足立区に住むAさんは、日頃のストレスからつい高校生にお金を払い性交渉をしてしまいました。
そして、このことが警察の知ることになり、結果的に千住警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの妻は、今後の家族生活に心配を覚え、近くの刑事事件に強い弁護士に接見を依頼しました。
旦那さんであるAさんと会った弁護士は、身柄解放を望んでいることを伝えました。

(フィクションです。)

児童買春禁止法違反とは】
上記のような行為をした場合、児童買春禁止法違反となる可能性があります。
この法律の正式名称は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」という名前です。
児童買春禁止法違反(買春行為)は、社会的に非難される可能性が高い犯罪として知られていますから、会社などにこの事実が発覚すると、解雇などがなされ、今後の生活に大きな影響を与えてしまうかもしれません。

また、当然ながら、警察や検察は、逮捕により被疑者の身柄拘束をすることが可能です。
拘束され出社できない状況が続いてしまえば、勤務先の会社が不審に思うことがあるかもしれません。
ですから、早期に弁護士を選任し、身体拘束からの解放(身柄解放)に導き、事件が会社に発覚するのを阻止する必要があります。

【初回接見のメリット】
初回接見は拘束されている被疑者との接点を弁護士を介すことで作り、どのようなことを被疑者が求めているかを知ることができます。
もしも被疑者が早期の身柄解放を望んでいるのであれば、その事実をご家族へ伝えることで、弁護士を頼むなどして直ぐに行動することが可能になります。

また、被疑者が被害者との示談を望んでいるということであれば、その事実をすぐにご家族へ伝えることで、被害者方との早期示談交渉が可能になります。
示談交渉が成功すれば、被害届の取り下げなどによって、検察が不起訴処分とする可能性も高まります。

身柄解放不起訴の依頼をお考えの方は、ぜひあいち刑事事件総合法律事務所にぜひご連絡ください。
刑事事件専門の事務所ですので、多くの経験や実績があります。
弊所にある24時間対応のフリーダイヤル(0120−631−881)にお気軽にご連絡ください。
様々な刑事事件に精通したスタッフが対応させていただきます。
千住警察署までの初回接見費用:3万7100円)

ページの上部へ戻る