東京都足立区の刑事事件で任意出頭 業務上過失致死傷罪の取り調べなら弁護士に相談

2017-05-31

東京都足立区の刑事事件で任意出頭 業務上過失致死傷罪の取り調べなら弁護士に相談

東京都足立区で工場を経営するAは、機械のスイッチが誤作動したことで従業員が大ケガをし、救急車や警察が出動する事態を起こしてしまいました。
その後、東京都足立区を管轄する千住警察署の警察官から、業務上過失致死傷罪の疑いで任意出頭を要請され、取り調べに不安を感じたAは、業務上過失致死傷罪等の刑事事件専門の弁護士に相談をしました。
(フィクションです。)

業務上過失致死傷罪とは】
業務上過失致死傷罪とは、刑法第211条前段に定められ、法定刑は、5年以下の懲役若しくは禁固、又は100万円以下の罰金です。
業務上過失致死傷罪の成立要件は、「一定の業務を反復継続して行う地位にある者」が、「業務上課せられる必要な注意を怠り、人を死傷させた場合」とされています。
業務上過失致死傷罪で捜査機関から任意出頭を要請される事例としては、東京都足立区のAさんのような工場内等での作業中の事故、病院での医療事故等があります。

刑事事件任意出頭を要請されたら】
警察が業務上過失致死傷罪で捜査する場合、会社経営者や安全管理者等へ任意出頭を要請し、取り調べを行う可能性があります。
取り調べでは、事故が発生した経過、社内規則等について聴取すると考えられます。
また業務上過失致死傷罪では、関係者からの取り調べの他、事故現場や本社等に対し家宅捜索をする傾向があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務上過失致死傷罪等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、任意出頭を要請された場合の取り調べに対する適切なアドバイス等を行い、不起訴処分を目指します。
業務上過失致死傷罪等の刑事事件任意出頭を要請されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
千住警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る