東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

2017-05-18

東京都あきるの市の刑事事件で示談交渉 暴行罪で逮捕されたら弁護士に初回接見 

東京都あきるの市に住むAさんは、会社の飲み会後、タクシーに乗った際、酔っぱらって運転手を殴って暴行を加え、通報を受けた東京都あきるの市を管轄する五日市警察署の警察官に、暴行罪逮捕されました。
知らせを受けたAさんの家族は、「被害者の方への謝罪や示談交渉等に詳しい」と評判の、暴行罪等の刑事事件を専門に扱う弁護士初回接見を申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪とは】
暴行罪とは、刑法第208条に定められており、法定刑は2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留又は科料です。
暴行罪の成立要件は、人に「暴行」を加えることです。
暴行罪での「暴行」とは、「人の身体に対する有形力の行使」とされています。
暴行罪の「暴行」でよくある事例は、殴る、蹴る等などですが、傷害の結果が伴うと「傷害罪」となります。
暴行罪の「暴行」は、人に向けられていれば足りますので、被害者に物理的な接触をしていない場合も暴行罪が成立します。

暴行罪逮捕されたら示談交渉】
暴行罪逮捕され、加害者本人が暴行の事実を認めている場合、暴行を受けた被害者の方への謝罪や示談交渉が重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、暴行罪等、刑事事件専門の弁護士事務所です。弊所の弁護士は、刑事事件示談交渉に精通していますので、適切な示談交渉により、当事者間の解決を図り、不起訴処分や刑罰の量刑を軽くする活動等を行います。

暴行罪は、夜中に事件が発生し、逮捕されるケースもありますが、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間お電話で初回接見の申し込みを受け付けております。
ご家族が暴行罪等の刑事事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは初回接見をお申込み下さい。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

ページの上部へ戻る