東京都荒川区の監禁罪で逮捕 刑事事件の示談交渉に強い弁護士

2017-05-17

東京都荒川区の監禁罪で逮捕 刑事事件の示談交渉に強い弁護士

東京都荒川区に住むAは、交際していた女性と別れ話がもつれてトラブルになり、女性から手切れ金を要求されたことに納得がいかず、女性を自宅に呼び出し部屋に閉じ込め、脅して監禁してしまいました。
騒音を聞いた近隣住民からの通報により、東京都荒川警察署の警察官が駆け付け、Aは監禁罪の被疑者として逮捕されました。
その知らせを受けたAの家族は、被害者女性への示談交渉に強い、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです)

監禁罪とは】
監禁罪とは、人の自由に対する犯罪の一つで、刑法第220条に定められています。
監禁罪で規定する「監禁」行為とは、人が行動する自由を一定の区域、場所に閉じ込め、脱出を不可能にすることです。
また監禁罪では、「脱出」を著しく困難にする方法として、有形的な障害だけでなく、心理的な障害でもよいとされています。
監禁罪の一般的な事例としては、Aさんのような男女トラブルや、いじめの他、性犯罪目的等別の刑事事件の手段となることもあります。

示談交渉は刑事事件専門の弁護士に依頼】

監禁罪等の刑事事件で被害者の方がいる場合、被害者への謝罪や示談交渉等は、その後の身柄解放活動や、不起訴を目指すためにも重要になります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、監禁罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、被害者への謝罪や示談交渉等に精通しています。

ご家族が監禁罪等で逮捕され、被害者の方への謝罪や示談交渉をお考えの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に初回接見をお申込み下さい。
荒川警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る