東京都文京区の隣人トラブル 傷害罪で起訴されたら刑事事件専門弁護士に相談

2018-01-31

東京都文京区の隣人トラブル 傷害罪で起訴されたら刑事事件専門弁護士に相談

東京都文京区に住むAさんは、隣に引っ越してきたVさんが3階建ての家を建てたため、日中ずっと陰になってしまいました。
また、Vから引っ越してきた際に挨拶すらなかったため、立腹し、1年以上にわたり、AさんはVさんに対して嫌がらせをしていました(隣人トラブル)。
例えば、大音量のラジカセをVさんの家に向けて鳴らし続ける等です。
Vさんは、PTSDになってしまったため、Vさんの夫は大塚警察署に相談へ行きました。
その後、Aさんは、大塚警察署傷害罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの親族は、刑事事件専門の弁護士に、起訴されたらどうなるかを相談に行きました。
(フィクションです)

隣人トラブル
過去のブログ(1月5日)で隣人トラブルについて書かせていただきました。
その際の隣人トラブルのケース例としては、隣人トラブルによる傷害致死事件でした。
ただ、隣人トラブルで傷害致死までいく例は、現実的には少数といえます。
それよりも多いのは、傷害罪や器物損壊罪、名誉毀損罪等でしょう。

今回は、隣人トラブルの中でも、上記のような嫌がらせによる傷害事件について書かせていただきます。

隣人トラブル傷害罪】
隣人トラブルの場合、様々なケースが考えられますが、一つとして、言い争いなどから殴り合ってしまい、傷害罪になってしまうケースが考えられます。
また、それだけでなく、上記のように、直接の暴行などはしていませんが、ラジカセの音量などで相手をPTSDにしたようなケースも考えられ、そのような行為をした場合、傷害罪に当たってしまいます。

傷害罪の場合、軽微な事件である場合には、不起訴や略式起訴(罰金)がなされる可能性が高いと言えますが、重度の傷害のような場合や悪質性が高い場合には、起訴されて正式裁判がなされる可能性があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の事務所として数多くの刑事事件を取り扱ってきました。
当然、傷害罪などの刑事事件の経験も豊富です。
東京都文京区隣人トラブル傷害事件)で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで一度お電話ください。
大塚警察署 初回接見費用:3万5800円)

ページの上部へ戻る