東京都千代田区岩本町内の少年事件で逮捕 窃盗事件で審判に強い弁護士集団

2017-04-18

東京都千代田区岩本町内の少年事件で逮捕 窃盗事件で審判に強い弁護士集団

東京都千代田区岩本町内に住むA君(18歳)は、近くのスーパーで万引き(窃盗)事件を起こしたとして、スーパーの店員に現行犯逮捕されました。
A君は何度も万引き(窃盗)を繰り返していたとのことです。
通報を受けた万世橋警察署の警察官がA君を万世橋警察署まで連れて行き、後に、家庭裁判所へ送致されました。
Aの両親は、Aの将来もかかっているため、何とか少年院等は避けたいと刑事事件・少年事件に強い弁護士に依頼しました。
(フィクションです)

少年事件の少年審判
犯罪を起こした者が、20歳未満の少年・少女である場合には、「少年事件」に当たるとされています。
逮捕から勾留までは通常の成人事件と基本的には同じ流れです。
その後、家庭裁判所へ送致され、少年審判の手続きが開始されます。

少年審判は、成人の場合の「刑事事件」における、刑事裁判手続きとは異なります。
そもそも、成人の「刑事事件」の裁判では、犯罪者に刑罰を与え、犯罪を予防することが目的です。
一方で、「少年事件」の少年審判は、犯罪少年に対する保護を目的として保護処分が決定されます。
審判で下される処分としては、
 ①少年院送致
 ②児童自立支援施設・児童養護施設送致
 ③保護観察
 ④不処分
 ⑤検察官送致(逆送)
等が挙げられます。

また、そのほかの成人事件との違いとしては、審判は公開ではないという点(刑事裁判は原則公開裁判です)、さらには、前科が付かない(審判で下されるのはあくまで保護処分であり、罰則ではありませんので、前科になりません。ただし、逆送されれば、通常の刑事裁判となりますので、罰則が科されれば、前科が付くことになります)という点です。

上記のように少年事件における審判では、「少年の保護」「少年の更正」という面を重視しますから、情状面を主張するだけでは足りません。
しっかり、今後再犯することのない環境が整っていることや、少年が更生するための行動を起こしている等の事情が必要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件に特化しておりますので、適切な対応や更生案をご家族と一緒に考えることが可能です。

東京都千代田区岩本町少年事件逮捕され、審判対応が不安な方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
万世橋警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る