東京都府中市内の刑事事件で逮捕 強姦事件の弁護活動で評判のいい弁護士

2017-01-23

東京都府中市内の刑事事件で逮捕 強姦事件の弁護活動で評判のいい弁護士

東京都府中市内に住むAさん(32歳)は、会社の部下のV(27歳)が立場上抵抗できないことを利用して、無理やり性的行為を行ってしまいました。
Aさんは、Vさんから被害届を出されて、強姦の罪で逮捕されました。
Aさんの妻は、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に弁護活動を依頼しました。
(フィクションです)

強姦罪】
強姦罪(177条)とは、暴行または脅迫を用いて、13歳以上の女子を姦淫した場合に成立します。
13歳未満の女子に対しては、手段や同意の有無を問わず、姦淫した場合に成立します。
法定刑は3年以上の有期懲役と重いものになっています。
また、もし、強姦行為により相手を怪我させた場合、無期又は5年以上の懲役と非常に重たいものになります。

強姦罪の客体】
強姦罪の客体は、女性に限られています。
ですから、姦淫行為の被害者が「男性」であった場合には、現行法上は、強姦罪は成立しないことになります。
成立するとすれば、強制わいせつ罪や強制わいせつ致傷罪に過ぎないといえるでしょう。

もっとも、平成29年1月21日付の毎日新聞のニュースによれば、「法務省は性犯罪を厳罰化する刑法改正に伴い、強姦(ごうかん)罪の名称を「強制性交等罪」に変更する方針を固めた。」とのことです。
法改正の内容として、「強姦罪と強姦致死傷罪の法定刑の下限を懲役5年と懲役6年にそれぞれ引き上げ、加害者と被害者の性別も問わなくする」ようになるとのことですので、改正が実現すれば、被害者が「男性」であったとしても、強姦罪(正式には、強制性交等)に当たり、処罰されることになります。

強姦罪で逮捕された場合、現行法上であっても、上記のように3年以上の懲役となる可能性があります。
また、相手方が全く話を取り合ってくれないということも、強姦事件にはよくあることです。
真摯に謝罪するためには、間に第3者たる弁護士を介入させた方がよい状況も多々あります。

東京都府中市内の強姦事件で逮捕され、弁護活動を依頼したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談下さい。
府中警察署 初回接見費用:3万6400円)

ページの上部へ戻る