東京都八王子市の傷害事件に強い弁護士が所属 罰金見込みが不起訴に!

2017-04-27

東京都八王子市の傷害事件に強い弁護士が所属 罰金見込みが不起訴に!

東京都八王子市に住むAさんは、傷害罪の容疑で八王子警察署の警察官に任意取調べされました。
Aさんは、警察から「おそらく、罰金になるでしょうね」と言われました。
しかし、被害者に対して謝罪と賠償をしたかったこと、そして、前科が付くのは仕事柄避けたいということから、不起訴獲得も豊富な刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に相談しに行きました。
(フィクションです)

傷害事件で罰金?】
上記Aさんのように、傷害事件を起こした場合、刑法204条の傷害罪にあたり、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される可能性があります。
当然、事件の悪質性や、被害者のけがの程度などにもよりますが、初犯の場合には、いきなり公判請求がなされて刑務所になることは少なく、罰金処分が科されることが多いです。
そのような経験上、警察官も「おそらく、罰金になるだろう」などと言うこともあります。

ただ、どのような処分を科すかは検察官によりますので、警察官に「罰金の可能性が高い」と言われたからと言って、必ず罰金になるというわけではありません。
また、罰金とはいえ、刑が科されていますので「前科」がつくことになります。
仕事柄、罰金という「前科」が付くと困るという人も少なくなく、弊所に相談へいらっしゃる方も少なくありません。

【前科を避けるため不起訴
罰金がみこまれるような事案であっても、早期に被害者に対して対応して、示談や許すという一筆をもらうことができれば、不起訴になる可能性が高まります。
不起訴となれば、前科がつくことはありませんので、仕事などへの影響も生じません。

ただ、被害者に対して示談などを持ち掛けることは、個々人では大変困難な事情ですから、ぜひ、一度、弁護士事務所の弁護士に相談してみることがよいでしょう。

東京都八王子市傷害事件で、罰金と言われたが不起訴の可能性を上げたい、という方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る