東京都八王子市内の刑事事件で逮捕 窃盗事件で早期身柄解放に動く弁護士

2017-01-12

東京都八王子市内の刑事事件で逮捕 窃盗事件で早期身柄解放に動く弁護士

東京都八王子市内に住む主婦のAさん(32歳)は、近くのスーパーで万引き(窃盗)を繰り返していました。
ある日、万引きGメンに見つかったAさんは、そのまま店長室へ連れていかれて、通報を受けた八王子警察署逮捕されました。
Aさんの夫Bは、被害店舗にきちんと謝罪と賠償するので、早期に身柄解放をしてほしいと、刑事事件専門の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

窃盗罪】
万引きをした場合、窃盗罪(刑法235条)に該当します。
窃盗罪は「他人の財物」を「窃取」した場合に成立しますので、上記Aさんのようにお店の占有物である物を盗んだ場合、窃盗罪に当たります。
窃盗罪に該当する場合、10年以下の懲役または50万円以下の罰金に科せられる可能性が出てきます。

【早期に身柄解放してほしい】
逮捕された場合、勾留や勾留延長の判断がなされてしまえば、最大23日間の身体拘束がなされます。
会社に勤めている方はもちろん、上記Aさんのような主婦の方であっても、子供の世話等から早く身柄解放してほしい理由はあるはずです。
そこで、窃盗罪などで逮捕された場合に、弁護士に依頼すれば、早期に身柄解放されるような弁護活動を行います。
具体的には
・勾留請求・決定をしないように検察官や裁判官に働きかける
・勾留決定が出た場合、その決定はおかしいと不服申し立てをする(準抗告や取消)
・勾留延長をしないように検察官や裁判官に働きかける
などです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士として、数多くの刑事事件・少年事件を経験・解決してまいりました。
弊所は365日24時間対応しておりますので、逮捕された場合などにはすぐに動くことができます。
東京都八王子市窃盗事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
八王子警察署 初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る