東京都八王子市南大沢で薬物事件で逮捕 身柄拘束の阻止に強い弁護活動を行う弁護士

2017-02-27

東京都八王子市南大沢で薬物事件で逮捕 身柄拘束の阻止に強い弁護活動を行う弁護士

Aは、精力剤で使用する目的で以前から、RUSHとよばれる薬剤をインターネット上で海外から購入し、摂取していた。
ある日、Aは税関から購入した薬物について話を聞きたいとして呼出しを受けた。
Aは税関へ赴いたところ、そこには税関職員の他に、南大沢警察署の警察官も臨場しており、事情聴取の末、警察官から容疑が固まり次第逮捕するということを言われてしまった。
その場は一時帰宅を許されたAだが、仕事や妻子もあることから、どうにかして逮捕だけは避けることはできないだろうかと不安に思った。
そこで、なんとか警察との間で逮捕回避について交渉をしてもらえないだろうかと、関東地方で刑事事件に強いと評判の法律事務所に行き、弁護士に事件の相談をすることにした。

(フィクションです。)

Aは海外からRUSHという薬物を購入していますが、同薬物のような危険ドラッグを輸入したり、所持・使用したりすることは、医薬品医療機器等法や関税法により処罰の対象となります。
具体的には、医療等の用途以外での輸入・所持・使用等について、医薬品医療機器等法では3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、又はその両方が併科されるという法定刑が定められています。
また、同法に同法に基づき指定される指定薬物について輸入した場合、関税法においては、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金、又はその両方が併科されるという法定刑が定められています。
もし、これらの犯罪の容疑により逮捕が予告されたとしても、弁護士による活動次第で、このような事態を回避することができます。
具体的には、自ら証拠物等の提出に積極的に応じて証拠隠滅のおそれがないことを示したり、また身元引受人を用意したり出頭要請への約束をすることで逃亡の恐れがないことを積極的に主張し、捜査機関を説得する必要があります。
もちろん、このような活動についてはご自身一人で行うのではなく、より効果を高めるためにも法律の専門家である弁護士にお任せすることが一番です。
特に、刑事事件である以上は刑事事件を専門に取り扱う弁護士に依頼することをお勧めします。

あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士刑事事件専門であり,危険ドラッグ等の薬物事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
逮捕だけは避けたいとお困りの方は,あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
南大沢警察署への初回接見費用:3万7100円)

ページの上部へ戻る