東京都板橋区の少年事件で逮捕 コンビニ強盗で逮捕されたら弁護士に相談

2017-06-06

東京都板橋区の少年事件で逮捕 コンビニ強盗で逮捕されたら弁護士に相談

東京都板橋区に住む少年A(17歳)は、不良仲間と一緒に、小遣い稼ぎのためコンビニ強盗を繰り返していたところ、東京都板橋警察署に捜査本部が設置され、同署の警察官に強盗罪逮捕されました。
今後について心配になったAの両親は、少年事件、刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

強盗罪

強盗罪の法定刑は、刑法第236条で、5年以上の懲役刑と定められています。
強盗罪の成立要件は、「暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した場合」とされています。(同法236条1項)

また、万引き等の窃盗を行い、逃げる犯人が、逮捕を免れるため等で被害者の方を怪我させた場合は、「事後強盗罪」となり、「強盗罪」として処理される可能性があります。

少年事件なら専門の弁護士

少年が、強盗罪逮捕されて、強盗罪について身に覚えのない場合、少年事件、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、取り調べに対する適切なアドバイスや、アリバイ証拠を精査し、審判不開始や不処分を目指しすための弁護活動を行います。

また少年が強盗罪を認めている場合も、弊所の弁護士は、少年事件、刑事事件専門の弁護士ですので、強盗罪よりも量刑の軽い窃盗及び暴行罪等として刑事処分がなされるよう適切な弁護活動を行います。

東京都板橋区の少年による、強盗罪等で家族が逮捕されお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
板橋警察署 初回接見費用:4万100円)

ページの上部へ戻る