東京都町田市の刑事事件で逮捕 覚せい剤取締法違反の再犯で執行猶予獲得の弁護士

2018-03-03

東京都町田市の刑事事件で逮捕 覚せい剤取締法違反の再犯で執行猶予獲得の弁護士

東京都町田市に住むAさんは,警視庁町田警察署覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんは,15年前にも同様の覚せい剤取締法違反で逮捕執行猶予付判決でした(再犯)。
Aさんの妻Bは,「再犯なので厳しいのは分かっているが,家族のためにも何とか執行猶予にならないか」と刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

覚せい剤取締法違反の再犯
覚せい剤取締法違反などの薬物事件の場合,再犯の可能性が高いという事実は,多くの方がご存知かもしれません。
薬物には強い依存性がありますので,覚せい剤使用などで覚せい剤取締法違反となり執行猶予付き判決がなされた場合でも(「二度としない」と公判で主張していても),再犯を犯してしまう可能性が高いのです。

その様な再犯を防止するためには,しっかりと薬物治療を行う必要があると言えます。
また,その薬物治療にはご家族などの協力が必須と言え,家族で協力して二度と覚せい剤取締法違反をしないような環境を整えていかなければなりません。

【再度の執行猶予
薬物事件の裁判で,初犯者に対して執行猶予付判決を言い渡すとき,裁判官はよく「今回は,初犯なので執行猶予を付けますが,2度としないでください。次におなじような覚せい剤取締法違反の行為をした場合は実刑になりますよ」ということがあります。
これは,単なる脅かしというわけでなく,実際に,再犯の場合には執行猶予付き判決にしない可能性が高いのです。
執行猶予期間を満了したら大丈夫だろう」という安易に考えてはいけません。
執行猶予期間を満了していても,期間満了後2年後など直近に再犯した場合には,執行猶予が付かない可能性がほとんどと言えます。

再犯の場合に執行猶予はつく可能性があるのか否かといった点は,弁護士に相談した方が確実と言えます。
東京都町田市覚せい剤取締法違反でお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に一度ご相談ください。
町田警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る