東京都町田市の万引き(窃盗)事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士により勤務先への発覚を防止

2017-03-09

東京都町田市の万引き(窃盗)事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士により勤務先への発覚を防止

東京都町田市に住むAさん(22歳)は、近所のショッピングモールで時計(時価3万円)を万引き(窃盗)してしまいました。
その一部始終を見ていた警備員に、Aは万引き(窃盗)で現行犯逮捕され、通報を受けた町田警察署の警察官に事情を聞かれています。
Aは、勤務先に発覚するのを防ぎたいと考えており、刑事事件専門の弁護士に依頼することにしました。
(フィクションです)

万引き(窃盗)
万引き行為をした場合、刑法235条の窃盗罪に該当します。
万引き(窃盗)の法定刑は、10年以下又は50万円以下の罰金となっています。
初犯であり、かつ、被害金額が軽微であるような場合には、警察官による厳重注意や微罪処分で終わることもありますが、繰り返し万引き(窃盗)行為を行っている場合、逮捕されたり、罰金や実刑が科されたりする可能性があります。

勤務先への発覚を避けたい】
万引き(窃盗)事件を起こした場合、「家族や勤務先に発覚してしまったらどうしよう」と相談されるかたも少なくありません。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の事務所ですから、数多くの刑事事件を経験してきました。
その豊富な経験の中には、迅速に動き、警察官や検察官に働きかけることで勤務先への発覚を回避した例も少なくありません。

勤務先への発覚を防ぐためには、例えば、逮捕を防ぐ又は、逮捕されても身体拘束の期間を短くする、といったものがあげられます。
逮捕された場合、マスコミ報道がなされる可能性もあります。
逮捕前にご依頼いただいた場合には、マスコミ報道をしないように、警察へ働きかけることがあります。
また、逮捕されて身体拘束が続く場合、勤務先を急に長期間休むことになり、勤務先に発覚する可能性もあります。
ですから、身体拘束が長引かないように、すぐに身体拘束を解放するように働きかける、という弁護活動も行います。

東京都町田市刑事事件逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
町田警察署 初回接見費用:3万7700円)

ページの上部へ戻る