東京都目黒区の薬物事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(使用)に強い弁護士

2017-06-03

東京都目黒区の薬物事件で逮捕 覚せい剤取締法違反(使用)に強い弁護士

Aは、以前から覚せい剤の使用を繰り返していたところ、東京都目黒区内を自動車で運転中、覚せい剤の影響もあり交通事故を起こしてしまいました。
その後、東京都目黒区を管轄する碑文谷警察署の警察官が現場に駆け付け、Aの様子から薬物使用の疑いがあったため、任意採尿を求めたところ、陽性反応が出ました。
その結果、Aは数日後、碑文谷警察署の警察官に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反(使用)】

覚せい剤取締法では、覚せい剤の使用について、医師等が研究する場合など一部の場合を除いて、原則禁止しています。
覚せい剤取締法の規定に違反して覚せい剤を使用した者は、「10年以下の懲役」の刑罰が科せられます。
また覚せい剤取締法(使用)では、「営利目的」の場合、より厳しい法定刑が定められ、「1年以上の有期懲役、又は1年以上の有期懲役及び500万円以上の罰金」と定められています。

【薬物事件に強い弁護士

覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された場合、その後勾留され、さらに接見禁止となる傾向が多いようです。

また覚せい剤等の薬物事件の特徴として、再犯率が高いことが挙げられます。
そのため覚せい剤取締法違反で(使用)等の薬物事件で逮捕され、認めている場合、早期身柄解放や少しでも軽い処分を望むためには、裁判官に対し「再犯の恐れがなく、罪を認め、猛省していること」等を主張することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された場合の早期身柄解放活動等に実績があります。

ご家族が覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
碑文谷警察署 初回接見費用:4万600円)

ページの上部へ戻る