東京都三鷹市の危険ドラッグ所持で逮捕 薬物事件に強い刑事事件専門の弁護士

2018-03-31

東京都三鷹市の危険ドラッグ所持で逮捕 薬物事件に強い刑事事件専門の弁護士

東京都三鷹市で一人暮らしをしている大学生のAさんは,外国人のBさんから,「健康に良いよ。違法ではないよ」と言われサプリメント(以下,薬物X)を購入しました。
ところが,その数か月後に三鷹警察署の警察官数名がAさんの元を訪れてAさん宅を捜索し始めました。
三鷹警察署の警察官は,Aさん宅の机の上に薬物Xが無造作に置かれているのを確認の上これを押収しました。
Aさんは警察官から薬物Xが危険ドラッグであることを知らされ,医薬品医療機器等法違反により現行犯逮捕されました。
留置場に連行され大学の講義に出られなくなってしまうことを危惧したAさんは,少しでも早く解放されるために弁護士に依頼することにしました。
(上記事例はフィクションです)

危険ドラッグについて】

危険ドラッグと呼ばれる薬物の中には見た目が通常の医薬品と殆ど変わらないものも多く,中にはお香や入浴剤として販売されることもあります。
そのため,外観上は違法な危険ドラッグかどうかの判別が難しく,知らずに買ってしまってある日突然逮捕という場合も少なくありません。
上記の事例でも,Aさんは違法ではないというBさんの言動を信じて薬物Xを購入しています。

このような事情の下では,罪を犯したことについて責任が軽減されることから刑が軽くなる可能性が高いです。
更に,Aさんが薬物Xが危険ドラッグであることやその違法性,有害性を認識していなかったことが証明されれば不起訴処分や無罪にもなりえます。
もっとも,通常罪を犯した人が自己の罪を否認するのも無理はないとされているため,本人が知らなかったとただ主張するだけでは逮捕や勾留は免れません。
その場合には,弁護士を通じて適切な申し立てをすることで,逮捕後すぐに釈放されるなど事件の早期解決につながります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では,逮捕後直ちに被疑者の方と接見をし,今後の対応に関する具体的なアドバイスや身柄解放のための適切な措置を行うことができます。
刑事事件専門と銘打っていることから危険ドラッグを始めとする薬物事件の対応経験も多く,豊富なノウハウに基づく迅速な対応ができるのも特徴の一つです。
危険ドラッグ所持など薬物事件についてのご相談は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご依頼ください。
(三鷹警察署 初回接見費用:37900円)

ページの上部へ戻る