東京都中野区の薬物事件で逮捕 ラッシュ(RUSH)所持・使用事件に強い弁護士

2017-04-25

東京都中野区の薬物事件で逮捕 ラッシュ(RUSH)所持・使用事件に強い弁護士

東京都中野区内に住むAさん(52歳)は、同性愛者であり、性行為時にラッシュ(RUSH)を使用していました。
ある日、中野警察署に職務質問を受けたAさんは、ラッシュ(RUSH)を所持していることが発覚し、さらに、直前にラッシュ(RUSH)を使用したということも発覚したため、中野警察署の警察官に、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律違反(薬機法違反)で逮捕されてしまいました。
Aは刑事事件薬物事件に強い刑事事件の弁護士を探しています。
中でも、自らが同性愛者であることを話しても軽蔑したりしない信頼のたる弁護士を希望しています。
(フィクションです)

ラッシュ(RUSH)とは】
ラッシュ (RUSH)」とは、亜硝酸エステルを主成分とするドラッグ(薬物)のことを言います。
ラッシュ(RUSH)」はアメリカ発祥のセックスドラッグとされており、70年代等の日本のゲイコミュニティーの間でも広く使用されていました。
ですから、上記Aさんのように、今もなお、性行為時にラッシュ(RUSH)を使用したり、所持し続けている人もいらっしゃいます。
ただ、2006年に、ラッシュ(RUSH)は指定薬物とされ、使用や所持していた場合には、薬機法違反として処罰されることになります。
ですから、昔は合法だったからと言って、ラッシュ(RUSH)使用することはやめましょう。

【同性愛者の弁護】
上記のように、ラッシュ(RUSH)は、セックスドラッグとして使用されていた時期がありました。
男女間でも使用されたこともありますが、とくに、ゲイコミュニティーでも使用されていたことがありますので、上記のように同性愛者が、ラッシュ(RUSH)使用・所持しているということで逮捕されたり起訴されることも少なくありません。
ただ、同性愛であることを他人にカミングアウトすることがとても不安だという人も多く、弁護士に相談したくても「理解がない弁護士だとどうしよう」と、相談しづらいという声も聞きます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門であり、ラッシュ(RUSH)などの薬物事件の経験も豊富です。
さらに、弊所の弁護士は、全てのご相談者に対して、親身・丁寧にご相談をお受けさせていただくことをモットーとしております。

東京都中野区薬物事件逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談してみてはいかがでしょうか。
中野警察署 初回接見費用:3万4900円)

ページの上部へ戻る