東京都練馬区のリフォーム詐欺(悪質商法)で刑事事件なら専門の弁護士に

2018-03-24

東京都練馬区のリフォーム詐欺(悪質商法)で刑事事件なら専門の弁護士に

東京都練馬区リフォーム関連会社に勤めるAさんは、一軒家に一人暮らしをしているVさん(83歳、女性)宅へ営業に訪れ、Vさん宅の床下を見て、実際は何も異常がないにもかかわらず、「床下が腐っていて、このままでは家が倒壊する」などと嘘を言ってVさんを困惑させてリフォーム契約をしました。
後日、Aさんに警視庁光が丘警察署からリフォーム詐欺(悪質商法)の容疑で呼び出しを受けてしまいました。(フィクションです。)

リフォーム詐欺(悪質商法)について】
リフォームなどの訪問販売は、「特定商取引に関する法律」でその販売方法が規制されています。この法律に違反する販売行為が悪質商法と総称されています。
事例のように嘘を言って相手を困惑させて契約をする行為は「不実の告知」と言い、同法違反の悪質商法となり、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はその両方が併科される場合があります。法人や会社の代表に対しても300万円以下の罰金が課せられる場合もあります。
さらに、不実の告知により契約者がお金を支払った場合は、他人を騙して財物を交付させたとして詐欺罪に問われる可能性も十分あります。

リフォーム詐欺(悪質商法)で警察から呼び出しを受けたら】
リフォーム詐欺(悪質商法)で警察から呼び出しがあった場合は、被害者の数や被害金額などにより逮捕されてしまう可能性もあります。
このような時は、なるべく早めに刑事事件専門の弁護士に相談するべきです。刑事事件専門の弁護士なら、悪質商法被害者への弁済や示談交渉を行うなど、逮捕を避けるため活動や不起訴や執行猶予を獲得するための弁護活動を迅速かつ的確に行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は数多くの刑事事件を経験しており、リフォーム詐欺(悪質商法)等の刑事事件に関する知識を持った弁護士が在籍しています。

東京都練馬区リフォーム詐欺(悪質商法)でお困りでしたらぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。無料法律相談や初回接見等サービスをご紹介させていただきます。
(警視庁光が丘警察署 初回接見費用:36,800円)

ページの上部へ戻る