東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

2017-05-14

東京都青梅市の少年事件 強姦罪で逮捕されたら弁護士に相談

東京都青梅市に住むA(18歳)は、アルバイト先から帰る途中、見知らぬ女性を強姦した疑いで、強姦罪の犯人として逮捕され、警視庁青梅警察署に留置されてしまいました。
突然のことで驚いたAの両親は、少年事件の今後の流れや被害者への謝罪等の対応に不安を覚え、強姦罪等の少年事件の経験が豊富な弁護士に相談をしました。

(上記事例はフィクションです)

強姦罪とは】
強姦罪は、刑法第177条に定められており、3年以上の懲役刑となります。
強姦罪の被害者は、年齢で構成要件が変わります。
強姦罪の被害者が13歳未満の女子の場合、暴行・脅迫の有無は関係なく、姦淫行為をした者が罰せられます。
強姦罪の被害者が13歳以上の女子の場合、暴行又は脅迫を用いて姦淫する行為が対象となります。

【少年が強姦罪逮捕されたら】
少年事件の場合も、強姦罪では、事実に争いがない場合は、被害者の方への謝罪や示談等が、その後の処分に影響します。

しかし強姦罪の被害者は、その恐怖心から、被疑者やその家族と直接話すことを拒否する傾向があります。
そのため、強姦罪等の少年事件逮捕された場合は、早急に少年事件・刑事事件専門の弁護士に相談し、弁護を依頼することが重要となります。

また性犯罪に手を染めてしまった少年の中には、以前から自分の性癖に悩みつつも周囲や家族には相談できなかったケースも考えられます。

再犯を防ぐためにも、第3者である弁護士が、接見を通じて少年に指導・教育していくことは、処分を軽くする上でも、また今後少年が強姦罪やその他の性犯罪で逮捕されないためにも重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強姦罪等の少年事件、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、少年やご家族の悩みに向き合い、適切な弁護活動を行うことに自信があります。
少年による強姦罪逮捕されお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずは無料相談をお申込み下さい。
青梅警察署 初回接見費用:3万9400円)

ページの上部へ戻る