東京都世田谷区池尻の刑事事件で逮捕 痴漢事件で冤罪に強い弁護士

2017-03-13

東京都世田谷区池尻の刑事事件で逮捕 痴漢事件で冤罪に強い弁護士

東京都世田谷区池尻に住むAさん(41歳)は、通勤途中の電車内で女子高生V(17歳)に痴漢行為をしたとして、世田谷警察署逮捕されました。
しかし、Aさんは、まったく身に覚えがなく、このままでは冤罪になってしまうと恐れています。
Aさんは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

冤罪事件】
よく、テレビなどで痴漢事件などでの冤罪事件が取り上げられています。
痴漢事件などで逮捕された場合、長期間にわたり、身体拘束がなされる可能性があります。
「自分は冤罪である。痴漢行為などやっていない」と言って、被疑事実を否認しているような場合には、なかなか身体解放が認められにくい現状があります。
ですから、早く身体解放をしてもらえる可能性を上げるために、やってもいないのに、「自分が痴漢行為をしました」と言って、虚偽の自白をしてしまうことがあるのです。
一度した虚偽の自白を撤回することは大変困難です。
その虚偽の自白やその他の証拠から、「痴漢行為」を行ったと認定されて、有罪判決を受けてしまう(冤罪)という悲劇が生まれてしまうことになるのです。

被疑者の方、そしてご家族の方の人生を壊してしまう、冤罪事件だけは、絶対に避けなければなりません。
痴漢事件は、被害者証言や目撃者証言などが重要となってくることも少なくありません。
もっとも、実際はそれだけではなく、被疑者の手に付着した被害者の服の繊維等も証拠とされることもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門ですから、弁護士は皆、刑事事件のプロフェッショナルです。
ご依頼を受けた場合、すぐに接見へ伺わせていただき、取り調べの対応や今後の方針をお伝えいたします。
また、冤罪とならないように、様々な証拠を集め、適切に検察官ないし裁判官へ主張いたします。

東京都世田谷区池尻痴漢事件で逮捕されたが、冤罪であることを証明してほしいとお考えの方は、一度弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
世田谷警察署 初回接見費用:3万6100円)

ページの上部へ戻る