東京都品川区の刑事事件で逮捕 傷害被疑事件で弁護士の迅速な活動により不起訴を獲得

2017-02-03

東京都品川区の刑事事件で逮捕 傷害被疑事件で弁護士の迅速な活動により不起訴を獲得

東京都品川区大井に住むAさん(35歳)は、肩がぶつかったことに腹をたて右手拳で相手の顔面を殴打し怪我を負わせてしまいました。
通行人の110番により現場に臨場した品川警察署の警察官はAを傷害の容疑で現行犯逮捕しました。
Aさんは過去に逮捕歴等はありませんでした。
Aさんの逮捕の知らせを受けた妻は、いてもたってもいられなくなり刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

傷害罪】
刑法第204条
人の身体を傷害した者は、十年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

不起訴を獲得するため】
まず不起訴を獲得するために被害者に迅速に接触し交渉をします。
被疑者本人は逮捕され警察署において留置されており、被害者の情報は警察官から聞き出すことはできません。
そこで、かわりに警察官から被害者の情報を取得できるのが弁護士です。
弁護士が被疑者に代わり示談をすすめ、早期の示談成立を目指します。
また、被害者に対する示談活動のみならず、検察官に対しても反省文等を提出し不起訴獲得活動に邁進します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の法律事務所であり、傷害事件を数多く扱ってきました。
傷害事件で弁護士を通じて被害者に誠意ある謝罪をし、不起訴を獲得した事例が数多くあります。
東京都品川区大井の傷害事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(品川警察署 初回接見費用:37100円)

ページの上部へ戻る