東京都杉並区の冤罪事件で逮捕 窃盗事件で起訴されたら刑事事件専門弁護士に

2018-04-23

東京都杉並区の冤罪事件で逮捕 窃盗事件で起訴されたら刑事事件専門弁護士に

東京都杉並区内に住むAさんは、ある日、スーパーVで買い物をしていた際、食料品を万引きしてしまいました。
Aさんは万引きGメンに窃盗の容疑で現行犯逮捕され、通報を受けた高井戸警察署に引き渡されました。
Vでは、従前から万引きの被害が続出しており、高井戸警察署ではこれらもAさんの仕業ではないかと考えています。
しかし、Aさんは、「今回の件以外は何もしていない。その他については冤罪だ」と述べています。
Aさんの夫Bは、今回の窃盗事件の弁護と冤罪部分の弁護を依頼するべく、刑事事件専門の弁護士事務所に相談へ行きました。
(フィクションです)

窃盗事件での冤罪
スーパーでの万引き事件等は、頻繁に起こりうる刑事事件の一つと言えます。
弊所でも、多くの万引き(窃盗)事件を経験しており、数多くの店舗に対して謝罪や賠償を行ってまいりました。
そのような(残念ながら)よくある刑事事件であるからこそ、上記のように、自分のやっていない万引き行為まで疑われてしまうということが起こりえます。

逮捕されて、警察署に留置されているような場合、窃盗事件を起こしてしまった被疑者は精神的にも参ってしまい、自分がやってもいない窃盗事件を認めてしまう可能性があります。
また、根底には「一つ認めるのも二つ認めるのも同じだから」という考えがあるのかもしれません。

ですが、そのような対応は非常に危険ですし、冤罪を生む原因となってしまいます。
ですから、自分の起こしてしまった事件に関しては、しっかりと謝罪・賠償をすべきといえますが、そうでない事件に関しては、冤罪となって重い判決とならないようにきちんと否認をし、対応すべきと言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の事務所であり、否認事件も数多く取り扱っています。
東京都杉並区冤罪事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
高井戸警察署 初回接見費用:3万6800円)

ページの上部へ戻る