東京都墨田区の恐喝事件で少年を逮捕 少年院送致を回避する弁護士

2017-03-18

東京都墨田区の恐喝事件で少年を逮捕 少年院送致を回避する弁護士

東京都墨田区に住んでいる17歳のAくんは、日頃から学校をさぼったり、夜に出歩いたりと、素行不良が目立っていました。
そんなAくんは、ある日、恐喝事件を起こしたとして、警視庁向島警察署逮捕されてしまいました。
Aくんは、逮捕されて初めて、自分の今までの生活を後悔し、もう一度チャンスをもらって更生したいと思うようになりました。
A君の両親も、そんなAくんをサポートしたいと思い、少年事件に強い弁護士に依頼し、どうにか少年院送致を回避できないか相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

少年院送致を回避する弁護活動

少年事件は、原則として全ての事件が家庭裁判所に送られ、そこで審判が開かれます。
審判の結果として、少年に与えられる、少年院送致や保護観察といった保護処分は、少年事件を起こしてしまった少年を更生させるための処分です。
少年院送致、と聞くと、成人の刑務所のようなものなのではないか、というイメージを抱かれるかもしれませんが、そうではないのです。
これは、少年法が、少年の健全な育成と更生を第一としているためです(少年法1条)。

上記のように、少年事件では、少年事件を起こしてしまった少年の更生が重要視されますから、少年の更生のために、少年院へ行くことが必要であると判断されれば、たとえ軽微な事件であっても、少年院送致という判断がなされる可能性はあります。
それを回避するためには、少年少年院へ入らなくとも、社会の中で更生が可能であるということを示さなくてはなりません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件を専門に扱う弁護士が、日々依頼者の方のために活動しています。
突然の少年事件には、少年本人も、そのご家族も、不安でいっぱいになることでしょう。
弊所の弁護士は、更生したいという少年の気持ちや、社会内で更生させてあげたいと考えるご家族の気持ちに応えられるよう、全力を尽くします。
東京都の少年事件でお困りの方は、まずは0120-631-881まで、お電話ください。
警視庁向島警察署までの初回接見費用:3万7300円)

ページの上部へ戻る