東京都立川市の刑事事件で逮捕 傷害事件の迅速な対応で不起訴処分を目指す弁護士

2017-04-23

東京都立川市の刑事事件で逮捕 傷害事件の迅速な対応で不起訴処分を目指す弁護士

東京都立川市内に住むAさんは、通行中のVと口論になり、顔面を殴ってしまいました。
殴られたことにより、Vは全治3週間のけがを負いました。
Vから通報を受けた立川警察署は、Aさんを傷害の容疑で逮捕しました。
Aさんの妻は、突然の知らせにどうしていいかわからず、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談し、何とか早期身柄解放と、不起訴にできないかを聞きました。
(フィクションです)

傷害事件】
弊所に寄せられる刑事事件の相談の中で、多い相談の一つが「傷害事件」のトラブルです。
上記例のように、「口論になった末、ついかっとなってしまい傷害してしまった」というものもあれば、「酔っぱらって記憶がないが、被害者から殴られたと言われている」という相談まで様々です。

また、上記Aさんのように、そのまま警察署に逮捕されてしまったため、被疑者の親族が相談にいらっしゃるというケースもあります。
傷害逮捕されたような場合には、長期間の間、身体拘束がなされる可能性があります。
会社勤めの方などは、その期間、仕事を急に休まなければならなくなりますから、周囲の人にかなりの迷惑をかけてしまうことになります。
また、もし、傷害事件のことがばれて、会社が解雇などになれば、生活ができなくなってしまうかもしれません。
実際、そのような不安から、傷害事件で逮捕されてから、すぐに相談へいらっしゃるご家族の方も少なくありません。

長期間の身体拘束等を避けるためには、早急に弁護活動に動くことが重要となってくると言えます。
例えば、逮捕後すぐに検察庁や裁判所へ働きかけることで、長期の身体拘束を避けることができた例もあります。
また、被害者の方へすぐに謝罪と賠償へ行ったことで、被害者もその誠意に動かされ、刑事処罰を望まないと一筆書いていただき、無事に不起訴となった例もあります。

東京都立川市刑事事件傷害事件で逮捕され、不起訴処分等の見通しなどを知りたい方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
立川警察署 初回接見費用:3万6100円)

ページの上部へ戻る