東京都豊島区の痴漢事件で初回接見 逮捕されたら刑事事件専門弁護士に相談

2018-01-26

東京都豊島区の痴漢事件で初回接見 逮捕されたら刑事事件専門弁護士に相談

東京都内に住むAさんは、電車通勤中、いきなり目の前の女性に「痴漢です」と言われてしまいました。
Aさんは、「誤解だ」と言いましたが、周りの乗客が「そんなわけないだろ、俺も見てたぞ。」といい、そのまま池袋駅でおろされました。
通報を受けた警視庁池袋警察署は、Aさんを痴漢の容疑で逮捕しました。
Aさんの妻は、どうしていいかわからず、刑事事件専門の弁護士事務所に電話しました。
オペレーターからは「弊所弁護士がすぐにご主人の下へ伺って接見する、初回接見はいかがでしょう」と言われました。
(フィクションです)

痴漢事件】
残念ながら、電車内痴漢の事件に関する報道等は後を絶ちません。
痴漢を疑われた人が、電車内から線路に逃げ出したことにより、電車が遅延した等の報道も数多くなされています。
痴漢事件を起こした場合の対処法につき、多くの弁護士先生や専門家が方法を述べていますが、これが絶対正しいという見解はありません。
ただ、逃げてしまった場合などには、後日、もし、犯行が発覚した場合、「逮捕されてしまうリスク」が上がってしまうかもしれません。
少なくとも、逃走のために路線内にたちいってしまえば、鉄道法違反等別罪が成立する可能性が出てきてしまいますので、避けた方がいいと言えるでしょう。

初回接見
もし、逮捕されてしまった場合、その後の対応が重要となってきます。
逮捕後は、数日内に警察や検察庁で取調べが行われますし、その後、勾留の判断(さらなる身柄拘束をするか否かの判断)がなされます。
ですから、その際にしっかりと自らの主張をしなければなりません。
ただ、逮捕等されることは、通常は初めての経験でしょうから、何を言えばいいのか、どうすればいいのかわからない方がほとんどでしょう。
そのような場合は、弁護士接見に来てもらい、取調べ対応等のアドバイスを受けることが得策と言えます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の事務所として数多くの刑事事件を取り扱ってきました。
弊所では、ご依頼があってから原則24時間以内に接見へ伺わせていただく「初回接見」を行っております。
初回接見後、正式に契約となり、早期に動いたことで、勾留請求がされずに即日に釈放となった事案も数多くあります。
東京都豊島区痴漢事件で逮捕されてお困りの方は、弊所の初回接見を是非ご利用ください。
池袋警察署 初回接見費用:3万5000円)

ページの上部へ戻る