【お客様の声】盗撮で不起訴獲得

2021-05-31

【お客様の声】盗撮で不起訴獲得

【事案の概要】
ご依頼者様のご主人は,通勤の際の乗り換え駅構内で女性のスカート内を携帯電話で盗撮してしまい逮捕されたという迷惑行為防止条例違反事件。

【弁護活動】

ご依頼者様はご主人が逮捕されてから2日後に当所に弁護活動をご依頼されました。
この時点で既に事件は検察官に送致されており,その日のうちに釈放に向けた活動が必須の事件でした。
すぐに弁護士がご主人と接見して必要な書面を取得し,ご依頼者様から釈放後の監督が可能であることを具体的に聴きとったうえで,それぞれ検察官に提出して交渉したところ,何とかその日のうちに釈放されることができました。
ご主人には同じような盗撮の前科や余罪もあったため勾留されてもおかしくないところでしたが,スピード感をもって対応することで,不要な勾留を避けることができました。
その後弁護士が被害者の方の連絡先を取得し,示談交渉を行いました。
はじめ被害者側は厳重な処罰を望んでおり,示談交渉は難航しましたが,ご主人からの謝罪文を提示したり,弁護士が被害者の気持ちにも寄り添ったりしながら交渉を進めたところ,最終的に示談を締結することができました。
示談交渉と並行して,ご主人には再犯防止のためのカウンセリングや,家族内での話し合いを行っていただきました。
これらの事情を検察官に示せたことで,不起訴処分となりました。

【まとめ】

盗撮事件のような被害者がいる事件の場合,示談交渉により被害者に弁済をして,被害者が被疑者に対して厳しい処罰を求めない旨を書面として落とし込むことが重要な弁護活動になります。
しかし,被害者の方一人ひとりのお気持ちに寄り添い,適切な説明・対応ができなければ,示談交渉はできません。
また,示談交渉だけでなく再犯防止のための活動やご依頼者様の家庭内での調整などが必要となる場合もございます。

ご家族が盗撮事件などで逮捕されたり,在宅捜査を受けているという方がおられましたら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部にご連絡ください。
示談交渉やカウンセリングなど,事件毎に必要な弁護活動についてご提案・ご説明致します。

ページの上部へ戻る