【環境調整って?】少年事件に強い弁護士が東京都板橋区の逮捕にも対応

2017-07-21

【環境調整って?】少年事件に強い弁護士が東京都板橋区の逮捕にも対応

16歳のAさんは、東京都板橋区少年事件を起こし、警視庁志村警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんの両親とAさんは、元々うまくいっておらず、どうやら今回Aさんが少年事件を起こした原因の1つでもあるようです。
Aさんの両親は、これを機にAさんときちんと向き合いたいと考えており、Aさんも同様の気持ちのようです。
Aさんの両親から依頼を受けた弁護士は、早速環境調整の準備に取り掛かりました。
(※この事例はフィクションです。)

・環境調整とは?

少年事件の手続きでは、少年の更生を第一義とすることは、何回か記事として取り上げているところだと思います。
しかし、少年の更生を進めようとしても、問題のある環境に少年がいるのであれば、そのままの状態ではいけません。
そのために行われるのが、環境調整と呼ばれる活動です。

環境調整は、その文字通り、少年の周囲の環境を、少年が更生しやすい環境に調整することです。
少年事件を担当する弁護士は、付添人として、この環境調整のサポートを行います。
例えば、上記事例のAさんは、両親との不和が原因で少年事件を起こしてしまったようですが、これを解消することも、環境調整の1つです。
このような少年の外に広がる環境の環境調整はもちろん、環境調整は、少年の内側の環境についても行われます。
例えば、少年事件を起こしてしまったことへの反省や、被害者の方への謝罪の気持ち、更生への意欲などを育てることは、少年の内側の環境調整ともいわれます。

このように、少年事件では、その環境調整によって少年の更生を図ります。
少年事件の処分は、原則的に少年の更生のために行われるものですから、環境調整によって社会内での少年の更生が十分期待できるのであれば、処分も軽くなっていく可能性が高まります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、少年事件に不安を抱える少年やそのご家族の支えになります。
東京都少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁志村警察署までの初回接見費用:3万7,100円)

ページの上部へ戻る