刑事事件専門の弁護士~東京都八王子市の強要事件の逮捕にも対応

2017-06-24

刑事事件専門の弁護士~東京都八王子市の強要事件の逮捕にも対応

Aさんは、東京都八王子市の路上を歩いている際に、Vさんと肩をぶつけてしまいました。
Vさんが謝罪しなかったことに腹を立てたAさんは、Vさんに詰め寄り、「土下座して謝らないと痛い目に遭うぞ」等と言ったり、近くに止めてあった自転車を蹴飛ばしたりして、Vさんに無理矢理土下座をさせました。
通行人が通報したことで、八王子警察署の警察官が現場に駆け付けAさんは強要罪の容疑で逮捕されてしまいました。、
(※この事例はフィクションです。)

強要罪

強要罪は、「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴力を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役刑に処する」とされている犯罪です(刑法223条1項)。
上記事例のAさんは、Vさんに対して傷つけることをほのめかしたり(=脅迫したり)、近くにあった自転車を蹴飛ばしたり(=暴行したり)しています。
そして、このAさんの言動によって、Vさんは土下座(=義務のないこと)をさせられています。
ここで、強要罪のいう「義務のないこと」とは、道徳上すべきとか、人としてすべきというようなことは含みません。
たとえVさんがAさんに謝るのが人としての筋であったとしても、それは強要罪のいう「義務」にはあたりません。
これらのことから、Aさんには強要罪が成立すると考えることができます。

強要罪の法定刑は、前述の通り、罰金刑のみの規定がありません。
つまり、起訴されてしまえば刑事裁判を受けることになりますし、そこで有罪判決が下れば、すぐに刑務所へ行くことになる可能性もあるということです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
強要事件を起こしてしまってお困りの方や、お身内が逮捕されてしまってお悩みの方のご相談に、丁寧にお答えいたします。
刑事事件専門だからこそ、強要事件のような重い暴力事件にも、迅速に対応が可能です。
強要事件の逮捕について不安を抱えられている方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
八王子警察署までの初回接見費用:3万3700円)

ページの上部へ戻る