少年の交通事件も弁護士に相談!東京都新宿区の無免許運転にも対応

2017-06-22

少年の交通事件も弁護士に相談!東京都新宿区の無免許運転にも対応

18歳のAくんは、運転免許を取得していない無免許の状態であるにもかかわらず、東京都新宿区内の道路で自動車を運転していました。
その道中で、警視庁四谷警察署の警察官が交通検問を行っており、Aくんの無免許運転が発覚しました。
Aくんは、後日警視庁四谷警察署まで呼び出され、取調べを受けることになりましたが、たかが無免許運転だと甘く考えています。
Aくんの両親は、本当にそのような考えでいいのかと、弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年の交通事件

上記事例では、未成年であるAくんが、無免許運転によって取調べを受けることが決まっています。
Aくんは、たかだか無免許運転、と考えているようですが、少年の交通事件の場合、実は考えなくてはならないことが多くあります。

その1つとして挙げられるのは、いわゆる「罰金見込み逆送」といわれるものです。
少年事件の場合、全ての事件は原則として家庭裁判所に送られますが、成人と同様の刑事処分が相当とされる事件については、成人同様の刑事手続きに付される場合があります。
それが「逆送」と呼ばれるものですが、少年の交通事件の場合、罰金処分が見込まれる想定の上で行われる「罰金見込み逆送」があると言われています。
そうなれば、成人と同様罰金刑に処されるわけですから、少年であっても前科がついてしまうことになります。

また、少年事件で重視されるのは、少年の更生です。
無免許運転であっても、少年の更生にとって必要であると判断されれば、少年院などの施設に送致されるという可能性もあるのです。

このようなことからも、無免許運転だからと甘く考えず、早期に弁護士に相談することがおすすめです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、初回は無料の法律相談を行っています。
もちろん、無免許運転などの交通事件についても、お気軽にご相談いただけます。
東京都新宿区の少年事件・交通事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
警視庁四谷警察署までの初回接見費用:3万4,900円)

ページの上部へ戻る