【お客様の声】共同危険行為で逮捕 早期に大学に復学

2020-04-07

共同危険行為で逮捕された少年事件のお父様から頂戴した「お客様の声」を、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部からご紹介します。

【事件の概要】

ご依頼者の息子様(埼玉県在住,大学生)は,知人と一緒に,公道でバイクに乗って暴走行為を行い,後日警察に逮捕された少年による共同危険行為事件。

【弁護活動と事件経過】

ご両親様からの依頼を受けて,警察署において息子様と弁護士が接見した後,同弁護士が弁護人として選任を受けました。
ご両親様は勾留期間が延びることによって息子様が無事大学に残られるかどうかという点と,事件を一緒に起こした知人との交友関係について非常に心配されていました。
ご依頼後,弁護人が息子様のアルバイト先から勤務状況について聞き取り,またご両親からも大学に関する事情を聞き取った上でそれぞれ書類を作成し,検察官と交渉したところ,勾留の延長はなく家庭裁判所への手続きに移ることが出来ました。
また,家庭裁判所においても息子様と複数回接見して,今後の生活を立て直す必要があることを弁護士が確認したところ,息子様からも将来に対して積極的な言葉が口にされるに至りました。
弁護士は家庭裁判所調査官とも複数回面談を行い,息子様の反省の状況についてアピールを行いました。
結果として,審判では少年院送致ではなく在宅での保護観察処分となり,早期に大学へ復学することが出来ました。

ページの上部へ戻る