【千代田区の受託収賄事件】公務員の起こした刑事事件に強い弁護士

2018-07-17

【事件】~受託収賄事件~

千代田区の中央省庁に勤務する国家公務員のAさんは,大学事業の補助金交付の国家事業にあたり,X大学に補助金が給付されるように便宜を図る見返りに,息子をX大学の入学試験に合格させてもらいました。(いわゆる裏口入学)
この事件で,大学関係者等が警視庁丸の内警察署の取調べを受け,Aさんは「受託収賄罪」の容疑で逮捕されてしまったのです。(実際に起こった事件を参考にしたフィクションです。)

【公務員による犯罪】

公務員は,一般の方以上に高い倫理観と清廉性が求められます。
そのため公務員が何らかの犯罪で刑事処分を受ければ,刑事処分とは別に停職や免職等の懲戒処分を受けることとなるのです。
これに加え,公務員による事件はニュースバリューが高く,広く報道される可能性があるので,犯罪を犯した本人だけでなく,ご家族やご親戚が大きな不利益を被る可能性があります。

【受託収賄について】

公務員の職務上の権限に関して,ある行為をしてほしいといった依頼を受け,その報酬として賄賂を受け取る公務員の犯罪を「受託収賄」といいます。
また依頼が無く賄賂だけを受取る行為を「単純収賄」といいます。
受託収賄罪で起訴されて有罪が確定すれば7年以下の懲役が科せられ,単純収賄罪の場合は5年以下の懲役科せられます。
いずれにしても罰金刑の規定のない重い犯罪です。

【公務員が逮捕されてしまったら】

公務員が逮捕されてしまった場合,早期の弁護活動が,その後の結果を大きく左右することになります。
早期の弁護活動により不起訴を獲得できれば,失職を免れる可能性も生まれてきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件専門の弁護士事務所であり,公務員の刑事弁護の実績も多数ございます。
東京都千代田区の贈収賄事件公務員による刑事事件は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル0120-631-881(24時間受付中)にお電話ください。
警視庁丸の内警察署までの初回接見費用:36,200円
初回法律相談:無料

ページの上部へ戻る