東京都足立区の介護殺人事件 刑事事件専門弁護士の迅速な対応で執行猶予に?

2018-02-08

東京都足立区の介護殺人事件 刑事事件専門弁護士の迅速な対応で執行猶予に?

東京都足立区内に住むAさんは、長年連れ添った妻Vの介護を自宅で行っていました。
Vは足腰が悪く寝たきりで、認知症も入っており、Aにたびたび暴言を吐いていました。
ある日、Aさんは、度重なるVの暴言に憔悴してしまい、Vの首を絞めて殺害してしまいました。
Aさんは、本人からの通報を受けて駆け付けた千住警察署殺人容疑で逮捕されました(介護殺人)。
Aさんは、接見に来た刑事事件専門の弁護士に「なんで、我慢できなかったのか…どうして長年連れ添ったVを殺してしまったのか…」と話しています。
(フィクションです)

介護殺人
上記のような介護殺人事件は、たびたびニュースで報道されます。
中には、上記の事例のように、ともに人生を歩んできた相手を自らの手で殺めてしまう介護殺人事件もあります。
確かに殺人は決して行ってはいけない犯罪です。
しかし、そのような事件の背景を垣間見ると、介護殺人を犯さざるを得ないほどの精神状態に追い込まれたケースも多く見られます。
(ケースにもよりますが)そのような方に「殺人罪」として、懲役刑を科すことが妥当な処罰と言えるのでしょうか。

執行猶予
殺人罪の法定刑は、「死刑又は無期、若しくは5年以上の有期懲役」となりますので、執行猶予の獲得率はかなり低いと言えます。
ただ、上記のような介護殺人の場合、きちんと情状面を裁判官に説明することで、執行猶予付判決を獲得できる可能性があります。
実際に、介護の末、自分の母を殺害してしまったような介護殺人のケースで執行猶予付き判決を獲得したケースもあります。

ただ、いかなる事情を主張するか、どのように主張していくかは刑事事件の専門家たる弁護士に相談したほうが得策と言えます。
また、殺人罪は裁判員裁判対象事件ですので、事件を担当する弁護士には、具体的かつ明瞭に裁判員に伝える能力が求められます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の事務所ですから、刑事事件の経験も豊富です。
東京都足立区刑事事件介護殺人でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
千住警察署 初回接見費用:3万7100円)

ページの上部へ戻る