東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 前科に関して刑事事件専門の弁護士に相談

2018-02-01

東京都昭島市の痴漢事件で逮捕 前科に関して刑事事件専門の弁護士に相談

東京都昭島市に住むAさんは、通勤中のバス内で、乗客Vに対し、同人の後方に立って、衣服の上からVの臀部を触る行為をしてしまいました。
Aさんは、Vさんに「やめてください。次の駅で降りてください」と腕を捕まれ、また、一部始終を見ていた周りの乗客と一緒にAさんは次のバス停で降りました。
通報を受けた昭島警察署の警察官に、Aさんは痴漢容疑でそのまま逮捕されてしまいました。
Aさんは、その後、釈放されましたが、自らのした愚かな行為を悔やんでいます。
ただ、「前科が付いてしまうと、会社をクビになってしまうのではないか」「クビになったら家族を養えない」と不安です。
そこで、前科に関して、刑事事件専門の弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

前科
前科といえば、真っ先に想像つくのは、「裁判が開かれて実刑を受けた場合につくもの」ということではないでしょうか。
もちろん、裁判が開かれて有罪となり、刑罰が科された場合、前科になります。
ただ、前科が付くのに、「裁判が開かれること」は必須ではありません。
前科は、刑事罰に処せられた場合を指しますので、公開裁判が開かれなくても、略式起訴で罰金を受けた場合、「前科」となります。
また、よく勘違いされるのですが、「逮捕されること=前科」ではありません。
前述のとおり、前科は、刑罰に処せられた場合につくものです。
逮捕されただけでは前科にはなりません(前歴にとどまります)。

罰金程度の前科であれば何も影響ないのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、例えば、会社の内規で「罰金以上の犯罪を犯した者」等が懲戒事由にあたるような場合、罰金であっても前科(犯罪を犯した者)となりますので、何らかの処分が科される可能性があります。
会社によっては、懲戒解雇になってしまう可能性もあるのです。

ですから、何としても前科を避けるために不起訴処分になりたいと弁護士に依頼する方も少なくありません。

東京都昭島市痴漢事件で逮捕され、前科を避けたい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の不起訴処分獲得に尽力を尽くす弁護士までご相談ください。
昭島警察署 初回接見費用3万7900円)

ページの上部へ戻る