東京都文京区のオークション詐欺で任意出頭 示談交渉なら刑事事件専門の弁護士

2017-05-23

東京都文京区のオークション詐欺で任意出頭 示談交渉なら刑事事件専門の弁護士

東京都文京区に住むAは、オークション詐欺を企て、インターネットの掲示板に、嘘の住所、氏名を記載して商品代金を振り込ませました。その後もオークション詐欺を繰り返していたところ、口座が凍結され、東京都文京区を管轄する警視庁大塚警察署から、オークション詐欺の被疑者として任意出頭を要請されました。
Aは事の重大さに気が付き、被害者の方への謝罪や示談交渉もしたいと考え、オークション詐欺等の刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

オークション詐欺とは】

オークション詐欺は、刑法第246条の詐欺罪に該当し、法定刑は、10年以下の懲役刑となります。

オークション詐欺の加害者は、被害者を安心させる手段として、加害者側の住所、氏名等を事前に公開しますが、虚偽の場合が多いようです。
そのためオークション詐欺の被害者は、商品代金を振り込んだ後も商品が届かず、連絡も取れず、困り果てて警察等に相談します。

オークション詐欺の加害者は、実際は存在しない地名の住所を記載することもありますので、取引をする際は、確認するようにしましょう。

オークション詐欺任意出頭要請されたら】

オークション詐欺任意出頭を要請された場合、すでに振込に使った口座は、凍結されている可能性もあります。
そのためオークション詐欺で警察から任意出頭を要請された場合、オークション詐欺等の刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、オークション詐欺等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、警察の取り調べや被害者への謝罪等示談交渉を適切に行います。
オークション詐欺等の刑事事件で警察から任意出頭を要請されたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に、まずは無料相談をお申込み下さい。
大塚警察署 初回接見費用:3万9700円)

ページの上部へ戻る