東京都日野市で不法投棄で捜索 刑事事件なら専門の弁護士に相談

2018-03-22

東京都日野市で不法投棄で捜索 刑事事件なら専門の弁護士に相談

東京都日野市でキャンプ場を営んでいるAさんの会社で働くA2さんは、利用客が出すゴミを日野市内の空き地に無断で捨ててしまいました。
後日、Aさんの会社に警視庁日野警察署の警察官が来て、不法投棄の容疑で会社の捜索を受けました。
捜索後、Aさんは刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。(フィクションです。)

不法投棄について】
不法投棄については、廃棄物の処理及び清掃に関する法律で禁止されており、不法投棄をしてしまった場合、5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金に処される恐れがあります。
また、会社の業務に関し、従業員が不法投棄を行なった場合、上記の罰則に加え、会社に対して罰金刑が処されることもあります。
不法投棄に加え、廃棄物を無許可で収集、運搬する行為もこの法律で規制されています。

不法投棄で警察の捜索を受けた時は】
不法投棄で警察の捜索を受けた時は、速やかに刑事事件専門弁護士に相談して、今後の対策を講じた方が良いでしょう。
警察は、捜索により押収した証拠品や関係者の聞き込みなどから犯人を特定する捜査をします。そして、A2さんが不法投棄の犯人と特定されれば逮捕されてしまう可能性もあります。
刑事事件専門の弁護士なら、事件について素早く全容を把握して、不法投棄をしたA2さんの逮捕を避けるための弁護活動や、Aさんの会社への責任がなるべく少なくなるための弁護活動を行うことができます。
なお、警察が捜索を行い、何か物を押収していった場合は、被押収者に対して押収した物を明らかにするため「押収品目録交付書」が交付されます。弁護士に相談する際、この交付書を持っていけば、より詳細に弁護方針を立てることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所であり、不法投棄に関する知識が豊富な弁護士も多数在籍しております。

東京都日野市不法投棄で警察の捜索を受けてお困りでしたらぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(警視庁日野警察署 初回接見費用:35400円)

ページの上部へ戻る