東京都府中市の無免許運転で執行猶予 交通事件も弁護士に相談

2017-06-01

東京都府中市の無免許運転で執行猶予 交通事件も弁護士に相談

東京都府中市内に住むAさん(41歳)は、無免許運転をした容疑で府中警察署に呼ばれています。
Aさんは、もし無免許運転で起訴され、刑務所となれば、家族が路頭に迷ってしまうと不安になり、執行猶予の可能性を少しでも上げるべく、交通事件を含む刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

無免許運転
上記Aさんは、無免許運転の容疑で捜査を受けています。
無免許運転の捜査の端緒としては、様々なケースが考えられますが、例えば、車両検問や警ら中のパトカーに止められての発覚などがあります。
無免許運転行為をした場合、道路交通法違反となり、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に科せられる可能性があります。

無免許運転での執行猶予
無免許運転をした場合、刑務所へ行くことなんてほとんどないのではないか?と安易に考えている方も少なくありません。
しかし、上述した通り、無免許運転の法定刑は3年以下の懲役も含まれていますので、実刑判決になる可能性は十分にあります。

確かに、初犯の無免許運転であれば、罰金処分になったり、執行猶予付き判決となることも多いです。
しかし、複数回無免許運転を繰り返しているような場合や、本人の反省の意思が見られないような場合、悪質性の高い無免許運転の場合には、執行猶予がつかず刑務所行となってしまうケースもあります。

ですから、「人を殺したわけでもなく、無免許運転だからどうせ執行猶予だろう」という安易な考えで放置せず、きっちりと弁護士等に相談することが得策と言えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件のみを扱うプロフェッショナルです。
もちろん、無免許運転などの交通事件についても経験が豊富です。
東京都府中市刑事事件交通事件執行猶予を考えている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
府中警察署 初回接見費用:3万6500円)

ページの上部へ戻る