東京都町田市の刑事事件で逮捕 窃盗癖(クレプトマニア)の弁護に強い弁護士

2017-04-22

東京都町田市の刑事事件で逮捕 窃盗癖(クレプトマニア)の弁護に強い弁護士

東京都町田市に住む主婦A(46歳)は、スーパーで万引きをしたとして、窃盗罪で逮捕されました。
Aさんは過去にも、複数回窃盗をしており、検察官からは「公判請求せざるをえません」と言われています。
Aの夫は、インターネットで「窃盗癖(クレプトマニア)」の記事を見つけ、Aが窃盗癖(クレプトマニア)なのかもしれないと思っています。
今回は、責任をもって自分が治療を行うため、何とか、今回だけは執行猶予付き判決等にしてほしいと思い、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

窃盗癖(クレプトマニア)
窃盗癖(クレプトマニア)とは、「盗みを止めたくても止められない」という精神障害のことをいいます。
何度も警察に逮捕されているのに、同じことを何度も繰り返すのは、法を守ろうとする意識が低いのではなく、この精神障害によるものである可能性が高いです。

上記事案のAさんは、何度も窃盗を繰り返しています。
Aさんが「やめようと思っているのに、気が付くと、体が勝手に動いてつい盗んでしまっている」「お金を浮かせようという気持ちで盗んでいるわけではない」などと発言しているような場合、窃盗癖(クレプトマニア)を疑ってみる必要があるかもしれません。

窃盗癖(クレプトマニア)の人にとって、刑務所での長期の身体拘束という罰は、あまり効果を有しません。
それよりも、専門機関で、窃盗を繰り返さないように治療を受けさせる必要があります。
ですから、実刑により刑務所へ収容させるよりも執行猶予や不起訴により病院で治療させるべきことを検察官や裁判官に訴えかける弁護活動が重要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、窃盗事件の経験も豊富であり、治療の必要性などを解くことで、執行猶予判決を獲得した経験もございます。

東京都町田市窃盗事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
町田警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る