東京都西多摩郡日の出町の少年事件で逮捕 盗撮事件で観護措置決定回避を目指す弁護士

2017-04-11

東京都西多摩郡日の出町の少年事件で逮捕 盗撮事件で観護措置決定回避を目指す弁護士

東京都西多摩郡日の出町に住むA君(18歳)は、公園にある公衆トイレ内(女子トイレ内)で、盗撮行為をしたとして、五日市警察署の警察官に逮捕され、勾留決定がでました。
A君は今まで、かかる行為をしたことがなく、受験のストレスなどから、つい興味本位でやってしまったとのことでした。
Aの両親は、勾留満期後もA君の身体拘束が長引けば、高校生活等に影響が及んでしまうため、観護措置は回避したいと考えています。
そこで、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

盗撮事件】
上記少年のように、盗撮行為を衝動的に行ってしまうというケースも少なくありません。
おそらく、インターネット上で盗撮をモチーフにした動画などがアップされていることもその一つでしょう。
それらの動画などをみることで、自分でもできるのではないか?と興味を持ち、つい盗撮行為をしてしまうのだと思われます。
ただ、当然ながら、盗撮行為は犯罪であるため、少年が盗撮をした場合、逮捕・勾留がなされ、長期間にわたって身体拘束がなされる可能性がある点につき、しっかりと理解しておかなければなりません。

観護措置
逮捕・勾留中は、留置所に身柄が拘束されることになります。
勾留満期後、少年は家庭裁判所に送致されることになりますが、その際、裁判所から観護措置決定が出る可能性があります。
観護措置には、在宅での観護措置と、少年鑑別所での観護措置があるのですが、実務上「観護措置決定」と言われた場合、後者を指すことが多いです。
少年鑑別所での観護措置となった場合、さらに身体拘束期間が長引くことになります。
ただでさえ、逮捕・勾留で長期間身体拘束されているうえ、観護措置までついた場合、合わせて1カ月以上も身体拘束が続く可能性もあるのです。
ですから、そのような事態を避けるためには、少年鑑別所での心身鑑別の必要性はない、在宅でも心身鑑別は行える(その環境にある)ということを適切に主張する必要があります。

東京都西多摩郡日の出町少年事件盗撮事件で逮捕され、観護措置を回避したいとお考えの方は、一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
五日市警察署 初回接見費用:4万200円)

ページの上部へ戻る