東京都西東京市の刑事事件で弁護士を依頼! 痴漢事件で無罪を主張

2017-05-22

東京都西東京市の刑事事件で弁護士を依頼! 痴漢事件で無罪を主張

東京都西東京市に住むAさんは、通勤途中の電車内で痴漢を働いたとして、石神井警察署逮捕・起訴されました。
しかし、Aさんは全く身に覚えがなく、「無罪である」と主張しています。
Aさんは自らの「無罪」を立証すべく、刑事事件・痴漢事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

痴漢事件】
上記のように、公共の場所で痴漢行為をしたような場合には、各都道府県の条例違反となる可能性があります。
東京都であれば、東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反となります。
痴漢行為をして条例違反となった場合の法定刑は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
常習的に行っていた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

痴漢事件での無罪主張】
東京都内の電車などでは、時間帯によっては大変な混雑が予想されます。
そのような状況では、自分は何もしていないにも関わらず、急に手をつかまれて「痴漢です!」と言われてしまう可能性もあります。
そのような場合、きちんと警察などに対して対応して、「無罪」を主張しなければなりません。

例えば、痴漢行為で起訴されたが、無罪になった事案として平成27年1月14日の千葉地裁の裁判例があります。
その裁判例では
「犯人の手が被告人の手であると判断したのは,犯人の手の動きを見たことと,被告人の顔を確認したことであると供述するにとどまっており,犯人の手の動きと,被告人の顔がどのように結びつくのかについては述べていない。」
「車内の混雑状況や被告人と被害者との位置関係からすれば視認状況に問題がなかったともいえない」
などと判断しています。
この判決を見てもわかるように、弁護士の弁護活動としては、被害者が触っていた手をAだと認識した状況に問題がなかったか等を客観的証拠や目撃証言などによって証明するというものがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門ですので、痴漢事件の対応も豊富です。
東京都西東京市痴漢事件で無罪を目指したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
石神井警察署 初回接見費用:3万7300円)

ページの上部へ戻る