東京都世田谷区の業務妨害事件 威力業務妨害罪で逮捕されたら無料相談!

2017-07-26

東京都世田谷区の業務妨害事件 威力業務妨害罪で逮捕されたら無料相談!

東京都世田谷区に住むAは、近所にある飲食店の店員の対応に納得がいかず、嫌がらせで業務妨害をしようと考えました。
Aは、実際は予約等する意思もないのに、毎日のように無言電話を掛け続けたところ、管轄の玉川警察署の警察官に、偽計業務妨害罪の被疑者として逮捕されました。
(フィクションです。)

業務妨害罪とは】

刑法では「信用及び業務に対する罪」として、「信用棄損罪」と「業務妨害罪」を定めています。
罰条については、刑法第233条前段に「信用棄損罪」、後段に「偽計業務妨害罪」、同法第234条に「威力業務妨害罪」を定めており、法定刑は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金となっております。

偽計業務妨害罪の成立要件は、①虚偽の風情を流布、又は②偽計を用いて、「業務を妨害」することです。

威力業務妨害罪の成立要件は、「威力」を用いて「業務を妨害」することとされています。
「威力」とは、「被害者の自由意志を制圧するに足りるような勢力」と考えられています。

業務妨害罪が、「偽計」か「威力」になるのか、その区別については、被害者の方に業務妨害となる障害を外見的に提示している場合は「威力業務妨害罪」、ことさら秘匿しているような場合は、「偽計業務妨害罪」が成立しているようです。

業務妨害罪で逮捕されたら】

業務妨害罪の疑いで捜査、逮捕された場合、捜査機関側では、そのような行為に至った動機を聴取し、被害者側とトラブルの関係にあったか否かについても重要な捜査項目になると考えられます。
トラブルを抱えていた場合、業務妨害罪の他、名誉棄損罪等様々な余罪が判明する可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務妨害罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、偽計業務妨害罪で捜査、逮捕された場合も適切な弁護活動を行います。
ご家族が偽計業務妨害罪等の業務妨害罪で捜査、逮捕されご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
玉川警察署 初回接見費用:4万600円)

ページの上部へ戻る