東京都品川区の性犯罪事件で逮捕 児童買春罪の早期身柄解放に強い弁護士

2017-06-23

東京都品川区の性犯罪事件で逮捕 児童買春罪の早期身柄解放に強い弁護士

東京都品川区に住む会社員Aは、出会い系サイトで知り合った16歳の女子高生複数人に対し、金銭を渡して性交を繰り返していました。その後、女子高生が警察に補導されたことで、児童買春の事実が発覚し、東京都品川区を管轄する大井町警察署の警察官に児童買春罪の被疑者として逮捕されました。
Aの家族は、Aが児童買春罪逮捕されたことが職場に知られたら解雇されるのではないかと不安になり、性犯罪事件に強いと評判の弁護士に弁護を依頼しました。
(フィクションです。)

児童買春

児童買春については、「18歳未満の児童」に対して「金銭を渡し」、あるいは「渡す約束」をして、「児童と性交等を行うこと」とされています。
児童買春罪の法定刑は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金とされています。

児童と性交等をした場合、児童ポルノ禁止法違反(児童買春罪)の他、児童福祉法違反、都道府県の青少年育成条例(淫行条例)違反として警察に捜査や逮捕される可能性もあります。

また、児童が13歳未満であった場合、児童の同意がなかった場合は、刑法の強姦罪、強制わいせつ罪(刑法176条)に問われる可能性があります。

児童買春罪等の性犯罪事件で逮捕されたら】

児童買春罪等の性犯罪事件では、加害者側に身に覚えがない場合でも、逮捕された事実を職場に知られると、解雇となる可能性も十分にあります。

そのため児童買春罪等性犯罪事件逮捕されたら、勾留がつかないよう、また勾留された場合は、早期に身柄が釈放されるよう専門の弁護士に依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間無料相談、初回接見の申し込みを受け付けています。

ご家族が児童買春罪等性犯罪事件逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談、初回接見をお申込み下さい。
大井警察署 初回接見費用:4万1200円)

ページの上部へ戻る