東京都杉並区の暴行事件 刑事事件で不起訴を目指すなら弁護士に相談!

2018-04-16

東京都杉並区の暴行事件 刑事事件で不起訴を目指すなら弁護士に相談!

東京都杉並区に住むAは、近くの飲食店で飲酒をしていた際、隣の席で飲食していたVと口論になり、殴り合いになってしまいました。
通報を受けて駆け付けた荻窪警察署の警察官は、Aさんを暴行の容疑で現行犯逮捕しました。
Aの妻Bは、Vに対して謝罪や賠償の上、何とか不起訴とならないか、刑事事件専門の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

【飲酒しての暴行
「酒を呑んでも呑まれるな」という言葉はよく言われるものです。
弊所にも、お酒を飲んで、気が大きくなってしまった結果、刑事事件に発展してしまったという相談も数多く寄せられます。
上記ケースの暴行罪のような例も、少なくありません。
暴行行為を行なってしまった場合、刑法上の暴行罪が成立し、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に科せられる可能性があります。

飲酒をして暴行事件を起こしたような場合、警察からの調べの中で被疑者が「酔っていて記憶がありません」と伝えることが多いです。
しかし、そのニュアンスも様々で「覚えていない(けど、おそらくやったのだろう)」というものや「覚えていない(けど、絶対に俺が人を殴るはずがない。人違いだ)」というものがあります。
どのような意図での発言なのか、ということにより、今後の検察官や警察官らへの対応(弁護活動)が変わってきます。
ですから、暴行事件を起こしてしまったような場合には、一度、お近くの弁護士に相談することが得策と言えるでしょう。

不起訴を目指すには】
もし、「暴行事件を起こしたことを覚えてはいないが、周りの人の発言や防犯カメラがあるなどの事情から、自分が暴行したのだろう。被害者に謝りたい」という場合には、しっかりと謝罪と賠償をしたほうがよいといえます。
きちんと反省をして、再犯しない策などを講じれているような場合には、不起訴となって前科がつかない可能性が高まるからです。
もっとも、被害者がさらなる危害が加えられるのを避けるため、連絡先を教えないということも考えられますので、そのような場合には、弁護士に間を取り持ってもらい、不起訴を目指すほうがよいと考えられます。

東京都杉並区刑事事件でお困りの方は、刑事事件専門の弁護士が所属する弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、一度ご相談ください。
荻窪警察署 初回接見費用:3万6200円)

ページの上部へ戻る