東京都多摩市の刑事事件で不起訴処分 痴漢事件で示談交渉をする弁護士

2018-06-22

東京都多摩市の刑事事件で不起訴処分 痴漢事件で示談交渉をする弁護士

東京都多摩市に住むAさんは、通勤途中の電車内で目の前の女性の臀部を触ってしまいました。
周りの上極に「痴漢しましたよね?」と言われたAさんは、そのまま痴漢の容疑で現行犯逮捕され、そのまま警視庁多摩中央警察署に連れて行かれました。
Aの両親は、被害者に対する謝罪と賠償(示談)を刑事事件専門の弁護士に依頼しました。
(フィクションです)

痴漢事件の発生場所】
警視庁によれば、平成29年において、性犯罪の内、強制性交等は約170件、強制わいせつは約700件、痴漢(迷惑防止条例違反)は約1,750件も発生しているそうです。
そして、痴漢事件(迷惑防止条例違反)は、51.3パーセントが電車内(駅と合わせると71.3パーセント)で発生しており、痴漢(迷惑防止条例違反)の発生時間帯も通勤時間が一番多いとされています。
(参照http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/koramu2/koramu8.html)

痴漢事件を起こしたら…】
痴漢事件を起こしてしまったような場合には、警察に事情を聞かれたのち、検察庁に事件が送られます。
もし、検察官が起訴をするという判断をして、処分が決定したような場合には、被疑者に前科がついてしまうことになりますので、それを避けたい(不起訴になりたい)と相談される方も少なくありません。

不起訴を目指すような場合には、しっかりと被害者に対して謝罪や賠償(示談)をしていくことが重要と言えます。
検察官は被害者の意向も踏まえたうえで処分をどうするかを決定しますので、示談ができているのか否かという点は、重要な点になってきます。

もっとも、痴漢事件で示談を当人同士ですることは難しいと言えます。
当事者同士が顔見知りでない場合には、被疑者は連絡先を知らないでしょうし、それを警察や検察官に聞こうにも、被害者との関係で被疑者本人には教えることはほとんどないと言えます。
そのような場合には、弁護士等を仲介して、被害者の連絡先を聞くことが必要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所として、数々の刑事事件を経験してまいりました。
もちろん、痴漢事件などでの示談の経験も豊富です。
東京都多摩市刑事事件痴漢事件で、示談による不起訴可能性などを相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
多摩中央警察署 初回接見費用:3万7200円)

ページの上部へ戻る