【東京都中野区で逮捕】東京の刑事事件 未成年者略取事件で勾留却下

2018-10-27

~ケース~

東京都中野区に住むAさんは、離婚係争中の妻と一緒に住んでいる息子を取り返すため、小学校から帰宅途中の息子を車で連れ去りました。
その後別れた妻より捜索願が提出され、Aさんは捜査を開始した警視庁野方警察署によって、未成年者略取誘拐罪逮捕されてしまいました。
Aさんの逮捕を知ったAさんの母親は、Aさんの勾留却下を望んで、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に刑事弁護活動を依頼しました。
(このストーリーはフィクションです。)

今回のケースで、Aさんは自分の息子を自宅に連れ帰っただけで、一般的に罪にあたらないのではないかと考えられる方も多くいらっしゃるかもしれません。
しかし、別居中で離婚係争中の妻が養育している子供を、夫が有形力を用いて連れ去る行為は未成年者略取罪にあたる可能性が大です。
そして、未成年者略取罪で起訴された場合は、3月以上7年以下の有期懲役が科せられる可能性があります。
 
もっとも、Aさんと略取した息子は血のつながった親子であることから、息子を連れ去る何らかの正当な理由があれば、違法性が阻却され、罪が成立しない可能性も少なからずあります。
また、逮捕された後すぐにご連絡頂ければ、勾留を請求する検察官や、勾留を決定する裁判官に意見を申し出るなどして、勾留却下を求めることが可能です。
しかし、そのためにはまずはAさん本人に初回接見を行い、事件の詳しい内容をおうかがいする必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見サービスを行っており、ご家族の方が逮捕された等のご事情がある場合には、すぐに弁護士を警察署に向かわせることが出来ます。
東京都中野区で、ご家族、ご友人が逮捕された方、未成年者略取事件に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
フリーダイヤル0120-631-881で24時間365日、初回接見、無料法律相談のご予約を承っておりますので、お気軽にお電話ください。
(警視庁野方警察署までの初回接見費用:34,700円)

ページの上部へ戻る