【お客様の声】痴漢事件で不起訴処分へ

2021-06-24

【お客様の声】痴漢事件で不起訴処分へ

【事件の概要】

ご依頼者様のご子息様が,満員電車内で女性の臀部(おしり)を触るという痴漢をしてしまい逮捕された事件。

【弁護活動】

ご依頼者様は,ご子息様の勤め先から,ご子息様が逮捕されたという連絡を受け,当所に接見をご依頼されました。

弁護士がご本人からお話を伺ったところ,事実に間違いがないことが分かり,示談交渉今後の社会復帰に向けた活動を行うことになりました。
弁護士が被害者の方と示談交渉を行った結果,被害者の方からのお許しを得て示談を締結することが出来ました。
また,性犯罪については一般的に再犯率が高いとも言われているため,弁護士からご本人様にもお話を重ねて行い,どうしてこのような事件を起こしてしまったのかに関する理解を深めました。
こうした活動の結果,検察官からは不起訴処分を得られました。

【まとめ】

電車内での痴漢事件の場合,被害者の方がおられることから,被害者の方に対して謝罪と賠償を行う示談交渉が重要な弁護活動と言えます。
他方で,一般的に性犯罪事件の再犯率は高いと言われていることから,二度と再びこのような事件を起こさないため,弁護人としてご本人様の内省を深める活動も必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部では,これまで数多くの痴漢事件を扱って参りました。
弊所では,その経験を生かした弁護活動を行っています。
痴漢事件でご家族が逮捕された,あるいは在宅だが捜査対象になっているという方がおられましたら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部にご連絡ください。

ページの上部へ戻る