【お客様の声】電車内での痴漢事件で示談交渉

2021-06-20

【お客様の声】電車内での痴漢事件で示談交渉

【事件の概要】

ご依頼者様の旦那様(60代・男性)は,電車内で痴漢してしまったところ現行犯逮捕されたという事件。

【弁護活動】

ご依頼者様である奥様は,旦那様が逮捕された日に当所へ接見のご依頼をされました。
逮捕から3日後には釈放されましたので,示談交渉をメインの弁護活動として正式にご依頼を受けました。
被害者の方は未成年であったためそのご両親様と示談交渉を行うことになりました。
当初は被害感情が強く,示談交渉は難航したのですが,ご本人様の反省の状況を弁護士が伝え,被害者に寄り添いつつお話し合いを重ねていきました。
途中,検察官から理不尽な示談交渉の期限を設定されたものの,慌てることなく,被害者に対して誠実に対応を続けたところ,検察官の求める期限内に示談を成立させることが出来,結果として早期の不起訴処分を獲得することが出来ました。

【まとめ】

痴漢事件の場合は被害者の方がいることから,示談交渉は重要な弁護活動の一つであると言えます。
とはいえ,被害者の方はそれぞれの被害感情をお持ちですので,示談交渉がスムーズにいくという場合ばかりではありません。
とりわけ,今回のような被害者の方が未成年者だった場合,その保護者の方と示談交渉を行うことになりますが,保護者の方はご本人の方より被害感情・処罰意思が強いという場合は少なくありません。

また,起訴(あるいは略式起訴)するかどうかは検察官が判断しますが,検察官によっては短時間で示談交渉を行うよう指示する場合もあるため,弁護士は逐一状況を報告するなどして示談交渉が終了するまで処分を留保してもらう必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部は刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。
当事務所の弁護士は,これまで数多くの痴漢事件に携わってまいりました。
ご家族が痴漢事件で逮捕された,あるいは釈放されたので示談について知りたいという方がおられましたら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部にご連絡ください。

ページの上部へ戻る