【お客様の声】身に覚えのない事件で刑事事件化回避

2021-05-23

【お客様の声】身に覚えのない事件で刑事事件化回避

【事案の概要】
ご依頼者様のご子息様(20代)はイベントで知り合った女性と飲食したのちキスする等しましたが,後日合意のない性交渉をされたと言われた強制性交等事件。

【弁護活動】

ご依頼者様がご子息様から事情を聴いたのち,相手の女性からご依頼者様にあてて相当高額の慰謝料を払うよう連絡が来ました。
ご子息様としてもそもそも性交渉はしておらず,恋愛感情に基づいたキスという認識でしたし,相手方から提示された金額は相場に照らしても高額で対応に苦慮されたため,当初に弁護を依頼されました。
弁護士が相手の女性と連絡を取ったところ,話が転々としていたうえ,ご子息様の話とやや食い違いも見られました。
そこで,ご依頼者様,ご子息様からも丁寧に事情をうかがい,相手方の主張を争う方針に決めました。
相手の女性は警察に行って被害届を出す等とも言われましたが,弁護士が警察に確認の上で犯罪にあたるような行為は全くなかった旨を説明したところ,警察において事件化されることを阻止することができました。
その後も相手の女性はご依頼者様やご子息様との接触を図ろうとしていましたが,間に弁護士が入って毅然とした対応をすることでご依頼者様,ご子息様の主張を曲げずに貫くことができました。

【まとめ】

このように、強制性交等事件のような被害者がいる事件では,身に覚えのないものや相手方との主張が食い違うという場合があり,内容次第では刑事事件に発展しないという事案もございます。
しかし,相手方が警察に被害届を出すと言っている場合,一般の方が法律に基づいた毅然とした態度で臨むということは容易ではないかもしれません。
身に覚えのない強制性交等事件などで被害届を提出する等と言われている方がおられましたら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部に御相談ください。
在宅事件の場合,事務所にて無料で御相談いただけます。

ページの上部へ戻る