【お客様の声】盗撮事件で示談交渉

2021-06-04

【お客様の声】盗撮事件で示談交渉

【事案の概要】
ご依頼者様は仕事の帰宅途中に駅構内のエスカレーターで,女性のスカートの中を盗撮してしまったという迷惑行為防止条例違反事件。

【弁護活動】

ご依頼者様は被害者の方に盗撮行為がばれてしまい逮捕されたものの,一度釈放されたため,被害者との間での示談交渉をするために当所に依頼されました。
弁護士が被害者の方の連絡先を入手して示談交渉を開始したところ,被害者の方は大変強い被害感情を持っていることが分かりました。
そのうえで,示談の申し入れを行ったおころ,被害者の方からご依頼者様へ様々な無理難題が提示され,それらが飲めなければ示談交渉に応じない姿勢を取られてしまいました。
途中弁護士とご依頼者様とで協議を行い,無理難題はきちんと断るとしても,被害者の気持ちに寄り添いながら代替案を提示して交渉を継続しました。
被害者の方とも数回面談を行い,弁護士が被害者の方の気持ちもしっかりと受け止めたうえで話を進めたところ,最終的に示談を締結することができました。
ご依頼者様には前科などはありませんでしたので,示談の成立後,不起訴となることができました。
ご依頼者様は事件のことを職場等に知られることなく社会復帰を果たすことができました。

【まとめ】

盗撮事件などの被害者がいる事件では示談交渉は重要な弁護活動です。
しかしその交渉は容易ではなく,無理難題を仰る被害者の方もおられます。
弁護人は,ご依頼者様の代理人である被害者の気持ちに寄り添い乍ら交渉を進めて行く必要があります。

刑事事件の被害者との示談交渉については,刑事事件・少年事件を専門とする弁護士に相談をすることをお勧めします。
盗撮事件で逮捕されて釈放された方,ご家族が現在逮捕されているという方がおられましたら,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所東京支部・八王子支部にご相談ください。

ページの上部へ戻る