(人身事故)東京都葛飾区の過失運転致傷事件は刑事事件専門弁護士へ

2017-06-27

(人身事故)東京都葛飾区の過失運転致傷事件は刑事事件専門弁護士へ

東京都葛飾区の会社に勤務しているAさんは、自動車で通勤している最中に、わき見運転をしてしまい、Vさんと接触する人身事故を起こしてしまいました。
その人身事故によって、Vさんは全治1週間の怪我を負ってしまいました。
Aさんが人身事故直後に通報したことで駆け付けた葛飾警察署の警察官は、Aさんに、過失運転致傷罪の容疑で今後取調べを受けることになるだろうと伝えました。
(※この事例はフィクションです。)

過失運転致傷
過失運転致傷罪は、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」、通称「自動車運転処罰法」の5条に定められている犯罪です。
自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を傷害した者は、過失運転致傷罪とされ、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。
ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができるとされているため、過失運転致傷罪でも、ケースによっては、刑罰を受けずに済む場合もあることが分かります。

過失運転致傷事件は、上記事例のVさんのように、被害者の方が存在する事件です。
被害者の方への謝罪・賠償などの示談交渉は、加害者にとって有利な事情として考慮されうる、重要な要素の1つです。
もちろん、人身事故の被害者にとっても、賠償を受けることは今後のケアに大切なことでもあります。
第3者で専門家である弁護士が間に入ることによって、よりスムーズな示談交渉ができる可能性が上がります。

過失運転致傷事件や刑事事件でお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
人身事故は、普通に暮らしていた人を、思いもよらず刑事事件の当事者にしてしまいます。
弊所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士だからこそ、そういった突然の刑事事件の訪れに迅速に対処できます。
0120-631-881では、初回無料法律相談や初回接見サービスのお申込みを受け付けていますので、お気軽にお電話ください。
(葛飾警察署までの初回接見費用:3万8500円)

ページの上部へ戻る